競売物件には引き渡し義務がありません。なぜそれがデメリットなのでしょうか。今回はその理由について詳しく見ていきます。
不動産屋から競売物件を入手する際、売主が存在しません。これはどういうことなのかというと、競売ではない、他の物件でなら買主に認められている権利が存在しないことを意味します。通常の物件では引き渡し義務も生じているため、物件の所有権だけではなく、物件そのものを引き渡してもらう権利が、買主にはあるのです。しかし競売物件ではこれがありません。
                                                                                             

つまり、買主が得られるのは物件そのものではなく、物件の所有権のみなのです。もちろん所有権はもらえるのですから、最終的には物件に対しての決定権は買主にあります。しかし、競売物件にすでに人が住んでいる場合は、住居者と買主とで、物件をどうするのかの話し合いをしなければいけません。本来であれば、これは売主の義務なのです。売主が住居者に立ち退いてもらい、その上で買主に引き渡すのが普通です。
しかし競売物件ではそれがないため、買主にはその分労力が伴います。また空室であっても、鍵の開錠も買主が行わなければいけない場合もあります。不動産屋さんは鍵の譲渡が義務ではないからです。