不動産の購入費用というものは一般的に高額なものとなってしまいがちですが、いざ不動産を購入する際にその代金のすべてをすぐに支払えるという経済的な余裕がある人は非常に限られています。そのため、多くの人は不動産を購入する場合には金融機関の住宅ローンを利用してお金を借入れることになります。
住宅ローンでは不動産の購入費用として高額のお金を借入れることがでますが、借入れたお金を返済していく期間はどうしても長期間に及んでしまいます。そのため、中には住宅ローンの返済途中で、ローンの返済が続けられない状況になってしまう人も少なからずいます。
                                                                                            

そのような場合、ローンの残りを回収する目的として金融機関側は不動産を差押し、その不動産を競売にかけて売却することになります。不動産の競売では市場価格よりも割安な価格で不動産を購入することができるため、どうしても不動産を安く手に入れたいという人たちに人気があります。
競売物件への入札は誰にでも参加できることですが、注意点がひとつあります。仮に競売物件への入札が上手くいき、その物件を購入できるようになった場合、購入代金を一括で支払わなくてはなりません。通常の不動産の購入時のように住宅ローンは利用できないため、競売物件への入札をする際にはあらかじめ物件を購入できるだけの資金を準備しておく必要があるのです。