競売物件は、掘り出し物が有るとか価格が安いとかで思わず手を出したくなりますが、競売はオークション方式ですから、お金を出せば必ず買えるものではありません。そして優良物件なら競争相手が多いから、落札するには他の人より高い値段を付けなければ落札できません。
そして競売物件は、物件の内部を見られないことがほとんどで、どこにどんな欠陥が有るかわからないということです。
普通の物件なら、購入した物件に瑕疵が有れば、瑕疵担保責任といって買主は売主に契約解除や損害賠償を請求できますが、競売物件は、購入してから瑕疵が見つかっても、裁判所に契約解除とか損害賠償は請求できません。そして競売物件を購入する時に裁判所に保証金を納めますが、瑕疵が見つかったからと購入をキャンセルすると保証金を没収されます。
                                               赤かぶ02                                             
そして瑕疵が有る競売不動産を購入して、不動産屋を通して他の人に売って瑕疵が見つかれば、瑕疵担保責任で契約解除か損害賠償を請求されます。だから売る時は瑕疵を自分で直さないと駄目です。当然その費用は誰も払ってくれなくて、自分で払うしかないです。
競売物件のデメリットは欠陥が有っても保証が無いことです。だから競売物件を買う時は欠陥が有ると覚悟して買うことです。