競売物件には、その物件を買い受ける人には、物件をほとんど外見から調べることしか出来なくて、物件を正当に評価できません。そして瑕疵が有ってもそれは買い手責任になります。また競売物件に占有者が居たら、占有者との立ち退き交渉とかもしなければならなくなり、競売物件購入者にはそれなりのリスクを伴うことになります。
それで裁判所は競売物件購入者に配慮して、競売物件に競売市場修正という価格修正で競売物件の最低落札価格を決めています。その競売市場修正のおかげで競売物件は市場より安くなり、購入には金銭的なメリットが有ります。
                                                                                            

ただ競売市場修正率は全国でバラバラでして、住んでいる地域によってはメリットが少ない所も有ります。そして購入は入札ですから良い物件は競争相手が居て、必ずしも有利な価格で落札できるとは限りません。それで入札を狙って買値を高くすれば金銭的メリットが薄れます。
その上競売市場修正で安く買えるとはいえ、占有者の退去に手間取ったり、瑕疵が有ったら、さらにメリットが無くなります。そして不動産ですから、すぐに買い手が付くわけでもないので、競売物件を買う時は出来るだけ慎重に買うことです。買うのに焦って高く落札したら何の為の競売物件購入かわからなくなります。