期間入札中に落札されなかった競売物件ですが、特別売却といって、期間入札の開札日の翌日から2週間、先に買い受けを申し出た人優先で、他に買い受けをしよう釣る人が居なければ売却基準価額で買うことが出来ます。
それですぐには買えなくて保証金も他の入札の時と同じように払う必要があります。そして申し込んでから2,3日後に売却決定期日の通知が来ます。それで期日の日のうちに物件の買受代金を払う必要が有ります。そして払わなければ、購入の権利を失い保証金も没収されます。
                                                                                            

特別売却は、入札の時と違って購入しやすいという利点と入札じゃないから高い価格を付けなくていいというメリットが有るから、これはこれで人気が有ります。だから先着順だから翌日にはすぐに買い受けが入る場合が有ります。ただ人気物件は期間入札時に落札されてしまい、掘り出し物も予想されたほど出てこないと考えていいでしょう。
それでも競売物件らしく安く買えますから、普通の入札には目もくれずに特別売却だけ購入している業者が居るくらいです。他に買い手が居なければ売却基準価額で買えますし、掘り出し物じゃ無くても安く買えれば利益になりますから、そういう物件を専門に扱う業者が居てもおかしくないです。